土井歯科御池台診療所

土井歯科御池台診療所は大阪(堺市・松原市)を中心に訪問歯科を行なっている歯医者です。

HOME»  訪問歯科の必要性

訪問歯科の必要性

訪問歯科の必要性

要介護者にとって「食べること」は、生命を維持する上で必要な基本行動であり、最も要求の強い日常生活課題です。

しかし、「食べること」を行なう口腔(口)の機能が障害を受けたとき、日常生活に著しい支障をきたします。近年の急激な高齢化社会の中で、腔の機能に障害を持った方の顕在化があげられ、生活の質の維持向上に支障をきたしているケースが増加してきております。

このような社会の中で、歯科医及び歯科衛生士は、通院困難な要介護者の方の口腔の機能の改善と衛生の維持管理のために要介護者の自宅に出向いて口腔ケア(口腔の衛生の維持管理)や歯科診療を行なっております。

 

訪問歯科の必要性

 

口腔ケアの必要性

口腔ケアは、口の中をきれいにすることにより、口の中のばい菌を減少させてむし歯や歯周病の予防、入れ歯による悪影響の改善、誤嚥性肺炎の防止など、さまざまな口の中のトラブルを改善することを目的としています。

また口の中を清潔にするだけでなく、歯や口の疾患を予防し、口腔の機能を維持することで老化・痴呆の防止、全身的な健康維持などの向上に役立ちます。

 

口腔ケアの必要性

 

誤嚥性肺炎の予防

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎です。
65歳以上の高齢者の死亡原因は、「がん(悪性新生物)」、「心疾患」、「脳血管疾患」についで第4位が「肺炎」です。
その肺炎の死亡率の中で高齢者の割合は非常に高く、肺炎死亡者の9割以上が65歳以上の高齢者です。

その誤嚥性肺炎の起こり方は、口の中で分泌される唾液や痰、食べ物が直接気管の中に入り込むことで、口の中にある細菌が肺まで到達して炎症を引き起こします。
高齢者は嚥下反射、咳反射の低下により異物を排除する力が低くなっているため、異物が気管に入りやすく、さらに抵抗力や免疫力の低下から、誤嚥性肺炎になりやすいと言われています。
また脳梗塞などの脳血管障害がある場合も、誤嚥が起こりやすいと言われています。

「風邪です」と言われて薬をもらっていたがなかなか治らない、だんだん元気がなくなってきたということでよく調べたら、誤嚥性肺炎だった、ということもあります。

このような事態を避けるためにも、一度訪問歯科をおすすめします。

 

誤嚥性肺炎の予防

 

お問い合わせ

訪問歯科のご相談・お申込み